忍者ブログ

大人とこどもの分岐点

林由朗のブログ的ほーむぺーじい 旅をして、季節を愛でて、音楽して、日々の生活

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年賀状の五便目出す、友達に写真を作る



 旅宿の働いている方から手紙が来たので、お返しにと年賀状を書いたのですが、私はたまらないと出さないタイプで、それで、自分に鞭打って、ロシアの帽子屋さんの住所知らないんだけど、ネットでなんとなーく調べて、Top floor hat shopで出した。
ロシアの郵便事情は実に悪く、出して半年後に届くとも聞いたことがある。

もう一つは、小学生が、安全パトロールの家みたいな手紙を先生と生徒たちが家に持ってきたので、地元の霊峰の写真を出した。
辺り障りない感じで、勉強に、運動に、遊びに的な。

「子供は国家の財産ですからね」自民党はそれを分かってないよ。

老人は悪いけど、票は持ってても、未来はない。
生産性を考えたり、未来に人間レースの時代と共にバトンを渡すのは子供たち。

これを政治家が理解しない限り、票の取り合いの政治になると思うんだよねー。

そんなことは書かないけど、その無垢さが打たれたので、こんな写真はがき送れば、価値観と発送能力と感受性が養われるかなって。

次はシベリア鉄道内でのロシア人。
サイパンの話をウラジオストク空港からホテルの間にしたら、そん時は話してないけど、二日目の駅までの送迎の時にサイパンの話をして。

Saipan is good.

ロシアの人は国が寒いから南国が大好きで、サイパンにチャーター便がウラジオストクから季節便であるんだって、それで行った話を聞いて、私もサイパンやフィリピンに行ったっことがあるので、その話をしたのよ、それで、旅行会社にこのはがきを送って渡してもらうように。

次は同窓会の時話さなかった先生に、「先生の授業は覚えていないけど、道徳の体験談でのチップの話は覚えています」と書いて送った。

それを25日に夜ポストに投函した。



後、短大の友達に、この子は昔は私の写真をなんとも思っていなかったんですが、なんか、2010年か2009年にこんなな感じで送ったら、かなり喜んでて、今年は送ろうと思って20日23日に写真作って、24日に貼った。でもまだ送ってない。

久しぶりに制作物作ってると言う感じ。

簡単な写真集の作り方。



マルマンのスケッチブックを用意する。

両面テープで貼る。

おしまい。

マルマン スケッチブック 図案シリーズ S140 B5

新品価格
¥174から
(2015/2/27 02:50時点)



きわめて安い写真集。

手作り感満載。



こんな感じで作ったんだけど、まだ出してないんですよね。

今日出せたらいいな。

こんなんもらってうれしいのかなー?

でも、作るのは意外と時間が掛かる。懐かしい気持ちで作った。




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

最新コメント

[04/08 ブランドコピー]
[04/01 ウブロ時計]
[02/03 財布激安]
[01/04 imitation prix bague bulgari]
[12/31 ロレックス時計]

スポンサードリンク

ブログ内検索

楽天さん

amazonさん

スポンサードリンク

SNS共有

カウンター